世界で最も稼ぐYouTuberが発表されました!

米経済誌フォーブスは「世界で最も稼ぐユーチューバー(YouTube Stars)」ランキング(昨年に引き続き2回目)を発表しました。
起業する事業の選択肢の1つとして、ユーチューバーというものがあることを紹介しておきます。

naritai-syokugyo

2016年3月。毎日新聞ニュースサイトで、兵庫県立大学・竹内和雄准教授が、大阪府内のある小学校で「4年生男子の将来の夢」を調査した結果
1位「サッカー選手」、2位「医者」に続き、3位に「ユーチューバー」となり、ネットユーザーの間でも話題になりました。

ユーチューバーで何?

YouTuber(ユーチューバー)・YouTubeクリエイターは、主にYouTube上で独自に制作した動画を継続的に公開する人物や集団を指す名称。 狭義では「YouTubeの動画再生によって得られる広告収入を主な収入源として生活する」人物を指す。

出典: Wikipedia

もう少し、詳しく説明すると、ユーチューバーは、
YouTubeに「○○をやってみた」系や「ゲーム実況中継」その他、何でもアリで動画をアップし、
そこに広告を入れ込むことでGoogleからビュー数に応じて広告収入が振り込まれる、
というシステムで収入を得ています。

YouTubeをよく再生している人ならわかると思いますが、
動画が再生される前にスキップできる広告(インストリーム広告)、動画再生中に出てくる広告(オーバーレイ広告)、検索中のサイドに出ている広告(サイドバー広告)があります。
その広告のクリック、再生回数によりYouTubeから登録した口座に現金が振り込みで支払われます。
他にもスポンサー契約や商品を紹介して収入を得ているそうです。

数年前から流れる「好きなことで、生きていく」をキャッチフレーズにしたYouTubeのCMで、
一躍ユーチューバーの名は一般にも知られるようになり、日本でもHIKAKINやはじめしゃちょー、
女性YouTuberの木下ゆうかなどがユーチューバーとして活躍しています。
現在では、お笑い芸人としてテレビ等で人気を博した、波多陽区や日本エレキテル連合といった方たちも、YouTuber 界に“逆進出”しているような状況です。

桁外れの世界のユーチューバーの収入

それでは、フォーブスより発表された『世界で一番稼いでるYouTuberの年収ランキング』を紹介していきます。

 

1位 ピューディパイ
年収1,500万ドル

2位 ローマン・アトウッド
年収800万ドル

3位 リリー・シン
750万ドル

4位 スモッシュ

700万ドル

5位 タイラー・オークリー
600万ドル

5位 ロザンナ・パニシノ
600万ドル

7位 ジャーマン・ガルメンディア
550万ドル

7位 マーキプライヤー
550万ドル

9位 コリーン・バリンジャー
500万ドル

9位 レットアンドリンク
500万ドル

これだけ稼いでいるのであれば、子どもたちのなりたい職業にランキングされるのも理解できます。
話すのが上手な人、興味のある人はチャレンジしてみてはいかが?

参照:Forbes JAPAN http://forbesjapan.com/articles/detail/14474

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)