気になる?!日本の長者番付も発表!

米経済誌フォーブス(Forbes)2016年の保有資産でみた米国の長者番付トップ400を紹介しました。
日本では誰が一番なんだ?気になったので調べてみました。

ファーブス誌発表、日本の長者番付2016

ファーブス誌発表、日本の長者番付2016

ランキング(TOP20)

順位 名前 関連 年齢 資産 (億円) 出身大学
1 柳井正 ファーストリテイリング 67 18419 早稲田大学
2 孫正義 ソフトバンク 58 16837 カリフォルニア大学バークレー校
3 佐治 信忠 サントリーホールディングス 70 13221 慶應義塾大学
4 滝崎武光 キーエンス 70 9379 (兵庫県立尼崎工業高等学校)
5 三木谷浩史 楽天 51 6441 ハーバード大学(MBA)
6 森章 森トラスト 79 5424 慶應義塾大学
7 高原慶一朗 ユニ・チャーム 85 4746 大阪市立大学
8 毒島邦雄 SANKYO(パチンコ) 91 4633
9 韓昌祐 マルハン 85 4520 法政大学
10 伊藤雅俊 セブン&アイ・ホールディングス 名誉会長 91 4407 慶應義塾大学
11 三木正浩 エービーシー・マート 60 4294 東邦学園短期大学
12 木下盛好 一家 アコム 3503
13 永守重信 日本電産 71 3051 職業能力開発総合大学校
14 森佳子 森ビル(森稔夫人) 75 2825
15 似鳥昭雄 ニトリ 72 2712 北海学園大学
16 重田康光 光通信 51 2599 日本大学(中退)
17 大塚実・裕司 大塚商会 93・62 2486 中央大学(実)・立教大学(裕司)
17 前澤友作 スタートトゥデイ (ZOZOTOWNの運営等) 40 2486 (早稲田実業高校)

ランキング上位者は起業して成功した創業者です!

ランキングの上位者の顔ぶれを見ると、日本の大金持ちの大半は自分で起業して成功を収めた「創業者」です。サラリーマン社長でランクインしている人いません。
ちなみに、世界一のビル・ゲイツの資産のほとんどは自社株評価額とされる点からも、ビリオネアになるための条件のひとつは「創業者たれ」ということなんでしょうね。

とはいってみたもの、日本では大卒就職率が他の国と比べると、非常に高いんです。
2015年に文部科学省が調査した結果によると、2015年春に約56万4,000人が大学を卒業し、その72.6%にあたる約40万9,000人が就職しています。
この数字の高さは、他国と比べると際立っています。少し古いデータですが、2010年6月の米誌「ビジネスウィーク」の調査によると、アメリカの就職率は24.4%、イギリスでは15%、日本は91.8%でした。

そもそも日米では起業する者の絶対数が圧倒的に違います。日本では毎年約12万社の法人が新設されているのに対し、アメリカでは“毎月”約55万社が設立され、1,440万人がそのチャレンジに関わっています。 アメリカの労働人口の7%弱に当たる数字といいます。実際、起業大国アメリカでは、一流大学のビジネススクールを出た者で大企業に就職する例は極めてまれです。 自分で起業するか、面白そうなベンチャー企業に参加するのが大半なようです。

世界の長者番付のランキング上位に日本の企業、日本人がランクインするには、もっともっと、チャンレンジする若い世代が出てこないといけませんね。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)