失敗しない独立・起業をフランチャイズで実現!

独立・起業の成功率を高めるフランチャイズという選択

「雇われない生き方をしてみたい…」「起業してみたい…」 社会経験を積み自分に自信がついてくると、自分自身で事業を起こしたいと考える人は少なくないと思います。 また、定年後に一念発起、起業を考えるシニア世代の方も多くいらっしゃると思います。 しかし、個人で独自に事業を起こすには数多くの問題を解決しなければならず、なかなかハードルが高いものです。
そこで、独立・起業のひとつの方法としてフランチャイズという選択肢を加えてみてはいかがでしょうか?!フランチャイズとは、一言でいうと…
『すでに確立されたビジネスモデル、ブランド力、商品力を、ロイヤリティなどの対価を支払って活用できる仕組みです。』
つまり、基本的には、実績のあるビジネスの仕組みのもと、起業をスタートできるのです。ゼロではありませんが、失敗のリスクも格段に下がり、初期投資の早期回収も可能です。サポート体制も万全な場合も多く、未経験であっても新しい業界にチャレンジできますし、ブランド力があるおかげで独立・起業初期の集客にも、独自での起業とは比べ物にならないほど、困らずに済みます。フランチャイズに加盟するという独立・起業の方法を選択することで、独立・起業にまつわる不安や懸念のかなりの部分を解消することが出来ます。初めての独立に、ビジネスモデル・ブランド力・商品力・サポートのバックアップを期待出来るフランチャイズ加盟を検討してみてはいかがですか?

Diverse Hands Holding the Word Franchise

Diverse Hands Holding the Word Franchise

●市場規模が拡大するフランチャイズビジネス
●フランチャイズ起業のメリット・デメリット
●フランチャイズ起業を始める時の注意点
●フランチャイズの業種別に見る特徴
・小売業のフランチャイズ
・飲食業のフランチャイズ
・サービス業のフランチャイズ

 

市場規模が拡大するフランチャイズビジネス

フランチャイズビジネスは、コンビニエンスストアに代表される小売業、ファーストフードやファミリーレストランに代表される外食産業から、学習塾やリペア、リサイクル店などのサービス業に至るまで、街で見かけるほとんどの業種に展開されています。フランチャイズ業界の市場規模は、下記のグラフを見ると、業界全体の売上高は20兆円を超え、フランチャイズに加盟する人も年々増加していることがわかります。フランチャイズ業界が、不況の中でも右肩上がりの拡大・成長を続けているのは、それだけ「寄らば大樹の陰」的思考を引きずった脱サラ起業家が増えていることの裏返しでもあります。
フランチャイズ起業で成功した人の裏側で、最近では、フランチャイズ起業の失敗に絡む訴訟も増えてきているようですので、これからフランチャイズ起業を始めようとお考えの方は、フランチャイズ業界の「光」と「影」をよく見極めることが重要です。

FC業界年度別売上調査 FC業界年度別店舗数調査

※一般社団法人日本フランチャイズ協会の「フランチャイズチェーン統計調査」を参考に作成

フランチャイズ起業のメリット・デメリット

これからもますます市場を広げていくことが予想されるフランチャイズビジネス。長年、直営店で培った成功事例から導き出されたノウハウをまとめたシステムは、はじめて独立・起業を志す人にとっては心強いものです。もちろん、フランチャイズビジネスが絶対というわけではありません。どんなに優れたシステムにも必ず欠点はありますから、メリット、デメリットを知った上で判断することが大切です。

【メリット】
1.経験やノウハウが少なくても短期間で開業が可能

開業前にフランチャイズ本部から店舗運営に関するすべてのことを教えてもらえますので、未経験者でも短期間に開業することが可能になります。開業後も店舗運営や経営などフランチャイズ本部から適切なアドバイスや相談が受けられるため個人経営のように一人で悩む必要がなく、孤独感も少ないでしょう。

2.ブランドロゴや人気のあるブランドイメージを活用できる

突然開業し、その日に信頼を得ることは大変ですが、知名度があるチェーンの商標や良いイメージを活用することにより、開業したその日からでも消費者の信用を掴むことができます。

3.独自開業よりも負担や危険が少ない

本部が多額の金額や長い時間を費やして開発した効果的、合理的なシステムやノウハウを享受できるので、時間も金額も大幅にカットできる。アルバイトやパートの募集においても知名度や本部のサポートが効果を発揮します。

4.資材や原材料の安定した供給

小売業の場合個人経営では、「商品や資材の仕入れ量が少ない=仕入れ値が高くなる」となりがちですが、フランチャイズ本部は一括して大量仕入れを行うため、値引きが期待できます。店舗設備や備品等に関しても同様です。

5.経営に専念できる

業種により差はありますが、商品開発や仕入れ先の開拓、宣伝活動、販促活動などをフランチャイズ本部が行いますので、経営だけに専念ができます。

【デメリット】
1.ロイヤリティの支払い義務がある

どんな業態にせよ、独立開業には資金が必要です。開業資金、当座の運転資金等、資金繰りは経営における最初の試練と言えます。フランチャイジーの場合、その必要経費に加盟金とロイヤリティが必要となります。毎月支払うロイヤリティが高額な場合は、経営を圧迫する可能性があるので検討が必要です。

2.他店のトラブルをかぶるケースがある。

イメージも善し悪しで、例えばひとつのチェーン店で事件などが起きた場合、思わぬ風評被害が降りかかることがあります。加盟している企業ブランドイメージが悪くなると、 自店の売上も悪くなるというデメリットがあります。

3.オリジナリティーを出せない

フランチャイジーは、フランチャイズ本部から提供されるノウハウに基づき経営を行います。そのため、個人の企画やアイディアなどは反映されず、独自のカラーを出しにくい。商品やサービス、店のイメージなどはフランチャイズ本部が定めた経営方針に従う必要があります。独自カラーが出せないという不満は飲み込み、できる範囲での工夫を重ねるしかありません。

4.何かと制約が多い

フランチャイズ本部にもよりますが、契約上さまざまな制約があります。例えば「競合避止義務」と呼ばれるもの。これは、契約中はもちろん、契約期間終了後に、何年かの間は同業態でのビジネスを行ってはいけないという条項です。

上記のメリット、デメリットは 一般的なフランチャイズ店の話しであり、加盟するフランチャイズ企業によっても異なります。デメリットもメリットも納得した上で、フランチャイズに加盟しないと、「こんなはずではなかった」というトラブルに繋がることがあります。加盟前にはよく確認することが必要です。

pixta_6025970_L

フランチャイズ起業を始める時の注意点

フランチャイズビジネスは、本部と締結する「フランチャイズ契約」が全てです。
中小企業庁のリーフレットにも書かれていますが、フランチャイズ契約を締結する前に、まずフランチャイズ契約書に書かれている内容一つ一つを良く理解することです。
そして疑問点が少しでも有れば、それを本部側に問合せして、その回答を必ず書面でもらうことが重要です。こちらが書面での回答を要求しているのに口頭での回答で済まそうとしている本部とはフランチャイズ契約を締結してはいけません。フランチャイズ起業者も「独立した事業主」ですので、大金を投じて「契約社会」に身を置く覚悟が必要です。

その他、フランチャイズ起業を始める時の注意点を以下に箇条書きで列挙します。

1.契約の前には必ず法定書面の内容を確認!

フランチャイズ事業のうち、小売業や外食産業は、中小小売商業振興法に規定される特定連鎖化事業に該当しますので、この法律の規定により、これらの事業を展開するフランチャイズ本部は、フランチャイズ加盟希望者に対して次に掲げる事項を記載した書面を提示する義務が有ります。よって、必ずこの法定書面の内容を確認して下さい。

<書面での提示義務がある事項(抜粋)>
・本部事業者の従業員数、役員の役職名と氏名、子会社の名称と事業の種類
・本部事業者の直近三事業年度における貸借対照表と損益計算書
・直近三事業年度における加盟店数の推移
・直近五事業年度における訴訟件数
・営業時間、営業日、休業日に関する事項
・契約違反の場合の違約金、課される義務に関する事項
・テリトリー権、競業禁止義務、守秘義務の有無
・ロイヤルティーの詳細な計算方法
・オープンアカウントなどの送金及び与信利率
・加盟に際して徴収する金銭の返還の有無とその条件
・契約解除時の損害賠償金の額又はその算定方法

尚、フランチャイズ事業の中でも学習塾や英会話教室などのサービス業は、先述した法律の適用が無いので、上記の事項を記載した書面を提示する法的義務は有りませんが、政府はサービス業を展開するフランチャイズ本部に対しても、上記の事項を記載した書面をフランチャイズ加盟希望者に提示することを推奨しています。

2.実際の負担費用を算出!

加盟金(又は契約金)、保証金、ロイヤルティー以外で、加盟店側が負担しなければならない費用の有無、及びその内容(額)をよく確認して下さい。特に不定期に発生する費用で、契約書上では負担が義務化されていないものの、店舗を経営する上で事実上加盟店に負担義務の有る費用は要注意です。

3.市場・実地調査と売上予測はご自分で!

フランチャイズ本部が提示した店舗周辺の市場調査や売上予測を鵜呑みにしてはいけません。他人が作成した売上予測を真に受けているようでは、サラリーマンは出来ますが事業主(経営者)は出来ません。フランチャイズ起業は店舗の立地条件で勝負が決するケースが多いですが、市況環境などは刻一刻と変動します。ですので、起業する以上当たり前のことですが、自分で出来る限りの市場調査を行ない、自分なりの売上予測を立てて、投資効果を判断することが重要です。

フランチャイズの業種別に見る特徴

 多様な業種が参入しているフランチャイズ経営、具体的にどのような店舗やサービスがあるか気になります。一般的にフランチャイズの業種は、「小売業」「サービス業」「飲食業」の3種類に大きく分けて考えます。それぞれの特徴がありますので、ご自身のビジネスプランにあうのはどのような業種なのか、しっかりとイメージしてみましょう。フランチャイズ契約は一度始めると簡単に辞めるというわけにはいきません。当然、利益も大事ですが、長期間続けていくこと、「この仕事が好きか?」という問題は非常に重要です。 「仕事が好き」という要素の中には、「お客様と関わる喜び」「社会に貢献している」というような充実感も含まれると思います。商売は売り上げやお客様あってのことですが、長年仕事を続けられるモチベーションを保てる業種であるのかという点も、しっかりと自問自答してみましょう。

≪小売業のフランチャイズ≫

商品の販売が主体の業務である「小売業」は、もっともイメージしやすいフランチャイズの形態と言えます。フランチャイズの歴史も長く、その経験やノウハウが多く蓄積されています。コンビニエンスストアなど路店舗型の起業が最も多く、また本部については規模の大きいフランチャイズが多いのが特徴です。
本部は独自の流通経路を持ち、プライベートブランドなどを展開していることもあり安定した価格で品質のよい商品を仕入れることができます。また、販売ノウハウもしっかりとしていますし、フォローも密です。
ロイヤリティは他のフランチャイズに比べると比較的低く、場合によっては本部に発注した商品の中に含むことで徴収しないケースもあります。
ただ、顧客は小売のフランチャイズ店には「どこに行っても同じ」であることを求める傾向が強いため、ブランドイメージに店舗イメージを統一することが求められます。
仕入れについても、独自のルートを築き上げ安く商品を仕入れることも、制限がありますし、店舗の改装や棚や商品の配置なども、フランチャイズ本部の指示に従わなければならないケースが多くあります。

小売業に分類される業態

コンビニエンスストアー、スーパーマーケット、ワンプライスショップ、100円ショップ、業務スーパー、ホームセンター、衣服・靴・身の回り品、食料品、酒小売(ディスカウントストアー)、米穀店、菓子・パン小売、自動車・自転車関係小売、家電量販店、家具、インテリア小売、家庭雑貨店、薬局、化粧品、書籍(リサイクル書店)、文具、印章店、スポーツ用品店、TVゲーム専門店、カメラ店、時計店など…

・小売業の市場規模調査

小売り業のフランチャイズの年度別売上小売り業のフランチャイズの年度別店舗数

※一般社団法人日本フランチャイズ協会の「フランチャイズチェーン統計調査」を参考に作成

≪飲食業のフランチャイズ≫

「飲食業」では、店内で調理して食品を提供する場合と、テイクアウトや宅配を主体とした場合など幅広く、また起業にかかる資金も非常に幅のある業種です。
飲食業は個人で開業する場合、開業当初は知名度が低いため開業時からお客さんを集めることは難しく、安定した収入を得るまで時間がかかるといわれています。また、提供するメニュー作りはやりがいのある作業ですが、メニュー内容により大きく売上が左右されます。開業前までに周辺の競合店や客層などの綿密なリサーチも必要になってきます。
そのため、十分にリサーチされて考案・開発されたメニューを提供できる飲食業のフランチャイズであれば、そのブランド力によって、安定した集客が見込めます。また、出店場所についても、相談に乗ってもらえる場合も多いようです。
ただ、有名なファーストフードや居酒屋、珈琲店等の場合は開業資金がとても高額で、場合によっては数千万にもなることもあります。同じ飲食業でもラーメン屋や、無店舗型の移動販売の場合、100万程度からの独立起業が可能ですが、飲食業に関してはフランチャイズだけではなく、のれん分けや社員の独立制度など、異なる制度もたくさんあるため、事業を始める前に注意深くシステムを調べたほうがよいでしょう。
本部提供よる商品パッケージの販売だけではなく、接客がとても大事な要素であるため、いかに有能な労働者を雇うかもとても大事です。

飲食業に分類される業態

ラーメン、餃子、カレー、牛丼、ハンバーガー、アイスクリーム、サンドウイッチ、フライドチキン、ドーナツ、お好み焼き、たい焼き、たこ焼き、焼き鳥、日本料理、寿司、西洋料理、ステーキ、ピザ、パスタ、中華料理、焼肉、ジンギスカン料理、しゃぶしゃぶ、韓国料理、専門レストラン、居酒屋・パブ、喫茶店、カフェ、専門店(紅茶・緑茶等)、スープ専門店、これらの複合業態など…

・飲食業の市場規模調査

飲食業のフランチャイズの年度別売上 飲食業のフランチャイズの年度別店舗数

 ※一般社団法人日本フランチャイズ協会の「フランチャイズチェーン統計調査」を参考に作成

≪サービス業のフランチャイズ≫

「サービス業」とは、物品としての商品を販売するのではなく、顧客に喜ばれる活動(サービス)を提供する業種を指し、マッサージ店経営や、塾経営など、人的要素をもっとも強く求められるフランチャイズの形態です。
加盟店には、人間性、人格、人柄、誠実さや真面目、コミュニケーション力、センスなど、他の業種では求められないスキルが必要な場合もあります。
法人向けのフランチャイズに関しては飲食業同様非常に高額になりますが、便利屋などの無店舗型の企業は10万程度から可能と、起業のための自己資金にも幅があります。

サービス業に分類される業態
クリーンサービス・クリーニング、理容・美容、DPE・印刷・コピーサービス、ホテル、ネットカフェ、レジャー施設、スポーツジム、スパー銭湯、自動車整備、CD・DVD・ビデオレンタル、建設機械レンタル、レンタカー、生活用品レンタル、学習塾・カルチャースクール、住宅建築・リフォーム・ビルメインテナンス、職業紹介、家事支援サービス、マッサージ、介護サービス、ペット関連サービス、冠婚葬祭業、保育所、運送業など…

・サービス業の市場規模調査

サービス業のフランチャイズの年度別売上 サービス業のフランチャイズの年度別店舗数

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)