マクドナルドFCとポケモンGO

pokemongo7月22日、任天堂の人気ゲームシリーズ「ポケットモンスター」のキャラクターを利用したスマートフォン向けゲームアプリ「ポケモンGO」の、日本での配信を開始されました。

ポケモンGOはスマホの位置情報を利用したゲーム。ユーザーは実際に移動することで画面に現れたポケモンを捕まえて、強化・対戦などを通じて楽しむゲームです。

 

 

配信の開始に合わせて、日本マクドナルドの全店が、ゲームで必要なキャラクターを集めたり、キャラクター同士が戦ったりする場所になっていて、このような場所は「ポケストップ」や「ジム」と呼ばれます。ポケストップやジムは、マクドナルドの店舗以外にもありますが、配信開始と同時に全店が対象となっているのはマクドナルドのみです。

pokemongoMC

マクドナルドは全国に約2900店あり、ユーザーにとっては分かりやすく足を運びやすいスポット。その分、店側にとっては大きな集客効果を見込める。学校が夏休みに入ったタイミングでもあり、「ポケモンは(売上アップの)救世主になる」と、あるフランチャイズチェーン(FC)の加盟店オーナーは大きな期待を寄せています。

オーナーがポケモンGOの配信を諸手で歓迎する背景には、FC店が抱える“借金”の存在があります。2014年夏以降、チキンマックナゲットの中国の仕入れ先が期限切れの鶏肉を扱っていた問題や異物混入騒動により、マクドナルドの客数は大幅に減り、業績不振に陥いりました。そのため、日本マクドナルドはFC店に対してロイヤルティーの一部の減免を実施。減免は2016年6月で終了し、その分の返済が今秋から始まります。

(日経ビジネスより)

ポケモンGOの影響がどの程度、売上につながるのか、ポケモンGOのユーザー以上に加盟店オーナーはポケモンGOの動向が気になるところです。

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)