自分の感受性くらい

ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて

気難しくなってきたのを
友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを
近親のせいにはするな
なにもかも下手だったのはわたくし

初心消えかかるのを
暮らしのせいにはするな
そもそもが ひよわな志しにすぎなかった

駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ

自分の感受性くらい

戦後の日本を代表する女性詩人にして童話作家、エッセイスト、脚本家である茨木のり子さんの「自分の感受性くらい」という詩。
こころに響く素晴らしい詩です。
失敗を「国のせい」「会社のせい」「お客のせい」「法律のせい」などなど、
周囲の環境のせいにして結論付けてしまう人、そんなあなたは起業に向いてないかもしれません。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)